へそくり貯金を崩してしのぐ。

私は40代のサラリーマンで既婚、子供ありですが、お金が急に必要になった場合の、対応方法を金額別に考えてみました。下記で金額別に説明します。

・~10万円以内
これ位であれば通常の貯金からまかないます。このレベルであれば、日々の生活に影響を与えないで出費できる金額だからです。

・10万円~100万円以内
この金額のレベルになってくると、私のへそくり貯金を崩します。他にも資金源としては、生命保険、財形貯蓄、株などもありますが、急に必要となると、速攻で資金を手元に確保できるのは、へそくり貯金になります。通常の貯金でも良いのですが、急にお金が必要というシチュエーションを考えると通常の貯金だけではカバーしきれな可能性もありますし、その出費により家族の生活に支障がでる恐れがありますので、こういう時こそへそくり貯金の出番になると思います。

・100万~1000万以内
ここまでくると、流石にへそくり貯金だけではカバーしきれません、また、生活にも多分に影響が出てくる金額になります。ここは腹を決めて、家族会議を開き、みんな納得の上、現金になるものを崩して対応します。具体的には、前述の生命保険、財形貯蓄、株などですね。これらを全て解約、売却し、その出費に備えます。この金額が私的には出費できる上限になってきます、ここに収まる金額であれば、なんとかクリアして、その後の生活も通常通りに戻すことができます。

・1000万以上
あんまり考えてたくありませんが、ここまでくると、親親戚に頼んでお金を貸して頂くしか手段が思いつきません、家の売却も方法としてはありますが、家族で宿無しなどは現実的ではありません。

絶対やりたくないのは消費者金融からの借金ですね。まあ、これだけの金額をいちサラリーマンに貸してくれるところもないとは思いますが。

せめて100万円以内であれば、消費者金融などカードローンから借りてもいいかなと思うんですが、さすがにそれ以上になると厳しいですね。金利だけでも相当な額になりますからね。

銀行のカードローンは低金利となっているので比較的利用しやすいんですが、それでも借入額が多くなれば大変です。

低金利ローンについて詳しく調べるなら・・・低金利ローン

元の生活を続けるのは難しいかもしれませんね、家を担保にお金を借りるか、自己破産するのを考えるレベルです。

困った時の金(きん)頼み

これまでにどうしてもお金が急に必要になった、ということは無いのだけれど、もしもそうなったらどうするか、ということは少し頭の中でイメージしている。

私には大昔に買った18金のネックレスが2本あるのだが、これを売るのはどうだろう、と。実は最近よく自宅にケーブルテレビのパンフレットのようなものが届くのだが、そこに「金買います!」という見出しが躍っているのだ。

それを見ると、あまり大した代物とも思えないものがけっこういい値段で買われている。それを見ていらい、どうも自分の持っているものが金(この場合はかね)になりそうな気がして仕方ないのだ、勝手な妄想かもしれないけど。

私のネックレスは本当にずいぶん前に買ったものなので、デザインはどうにも古臭い。今時、年寄りでもあんなネックレスをしている人はめったに見ない。なので、もう何年、いや何十年も仕舞い込んで、全くすることはない。

文字通り箪笥の肥やしになっている。これはどうしよう、でも金は重さだからデザインは関係ないし、どこかでいくらかのお金になるかな、と考えていたのだが、あの買取広告を見ていらい、「いざという時のための非常用にとっておこう」と、よりしっかりと仕舞い込んでいるのだ。

実は、私はどうにも気が小さく、借金が苦手なのだ。親や兄弟にすら、頼むのに躊躇してしまう。そして、ケチである。ケチな人は自分が他人から借金を申し込まれるのがイヤなので、他人にも借金を申し込めないのである。

だから、急にお金が必要になっても中々他人には頼めない気がするのだ。かと言って、サラ金のようなところに借りに行くのは、気が小さいから怖くてとても駄目だ。「もしも利息が鬼のようにふくらんでしまったら!?」と小心者は考えてしまうのである。困ったものだ。

でも実際にネットなどで調べてみると、映画やドラマみたいな金利絵を請求される事もないみたいで安心そうです。
参考サイト:即日借りれる

ただ、万が一返済が出来無ければ金利が増えていくので、借りるなら返す当てを作ってからではないと利用出来ませんね。

そこで登場するのが、困った時のモノ頼み、なのである。私はこの18金のネックレス以外にも金(かね)になりそうなものは無いだろうか、と自分の持ち物に探りを入れている。こんなヤツなので、中々処分というものができない。

でも、こんなにすがるようにとって置いて、いざ売ってみたら二束三文、なんだろうね、世間ってそんなもん、という気も実はしている。

女性は色々とたいへんですね。

セラミドは肌の角質層内部において、細胞と細胞の間にできる隙間でスポンジのような構造で水分や油を抱き込んで存在している脂質の一種です。肌と毛髪の潤いをキープするために大切な役割を果たしています。

女性であれば誰でも心配している加齢のサイン「シワ」。適切に対策を行うには、シワへの効き目が得られそうな美容液を日々のお手入れの際に利用することが重要になります。

多くの女性が洗顔後にスキンケアのためにほぼ毎日使う“化粧水”。それ故に化粧水のクオリティには気を付けた方がいいのですが、暑い季節に目立って困る“毛穴”の対策としても品質の良い化粧水はとても有効なのです。

美容液をつけなくても、潤いのある美しい肌を維持できるのなら、それはそれでいいのではないかと思うのですが、「なにかが物足りない」などと思う人は、今からでも毎日のスキンケアに取り入れてもいいと思います。

動物の胎盤から抽出されるプラセンタは化粧品やサプリなどに使われていることは広く認知されていて、新しい細胞の生成を促し、新陳代謝の活性化を行う効用のお蔭で、美容および健康に素晴らしい効能を発揮します。

化粧品 を決める段階では、その商品があなたの肌のタイプにちゃんと馴染むのかどうかを、試しにつけてみてから改めて購入するのが一番安心だと思います。その場合にあると便利なのがトライアルセットなのです。

加齢による肌の衰え対策の方法は、第一に保湿をしっかりと実施していくことがとても重要で、保湿に重点を置いた基礎化粧品とかコスメで理想的お手入れをしていくことが重要なカギといえます。

肌の加齢対策として何よりもまず保湿と適度な潤いを甦らせることが重要事項だと断定できますお肌に水を十分に保持しておくことで、肌に備わっている防護機能が適切に作用するのです。

肌への働きかけが皮膚の表面部分のみではなく、真皮部分にまで到達することができてしまうめったにないエキスであるところのプラセンタは、皮膚表面のターンオーバーを速めることにより透き通った白い肌を実現するのです。

美白スキンケアを行う中で、保湿に関することが肝心であるという話には理由が存在します。一言で言えば、「乾燥した影響で思わぬ損傷を受けた肌は、紫外線からくる刺激に過敏になりやすい」というのが実情です。

色んなブランドの新商品がパッケージとして組まれたトライアルセットも販売されていて注目を集めています。メーカーの立場で大変に販売に注力している最新の化粧品を手に取りやすいように一通りパッケージにしているアイテムです。

スキンケアの基本として重要な化粧水を顔に使用する時には、まず適切な量を手のひらのくぼみに乗せ、ゆっくりと温めるような意識を持って掌に大きく伸ばし、顔全体に万遍なく優しく押すようにして浸透させていきます。

注目の保湿成分セラミドは、肌の新陳代謝とともに合成される“細胞間脂質”を指し、3%程度の水を抱え、細胞を接着剤のようにつなげる大切な働きを担っているのです。

保湿の重要ポイントと考えられるのは角質層に水分が行き割ることです。保湿作用のある成分が贅沢に添加された化粧水で角質層を水分で満たし、追加した水分量が蒸発してしまわないように、乳液とかクリームなどを活用してしっかりとふたをしましょう。

美容関連を目当てとしたヒアルロン酸は、保湿力の高さを基本方針とした化粧水のような化粧品類や健康食品に用いられたり、危険性が少ない成分なのでヒアルロン酸注射というアンチエイジング治療法にも役立てられているのです。

とにかく女性は綺麗になる為に必死ということですね。お肌ケア以外にも、ファッションなどたくさんしなければならない事ばかりですし。

ちなみに私が欠かせないアイテムは、カラコンです。カラコンがないと外出できない…ってぐらいになってしまってます。
毎月、ネットで欠かさず注文しています。(カラコン即日

お金がなくて困った時の対処法

お金と言うのは出ていく時は出ていくもので、収入は決められた額しかないから、そんな時はじり貧になってしまいます。
ただの金欠なら次の給料日まで節約すれば良いのですが、金欠な上に更にお金が必要になった場合は節約だけではどうにもなりません。
そんな時、私が金欠の度に実践している方法をお伝えしたいと思います。

私が金欠の時にどうするか。
それは、部屋の掃除をする、と言う事です。
部屋の中を徹底的に掃除して、要らないものを全て袋に詰めます。
ゴミにしかならないものは、ごみ袋に。
少しでもお金に変わると思ったら、別の袋に。
そうして掃除をしていると、部屋の中は徹底的に綺麗になるし、お金に変わりそうな物も沢山見付かって、一石二鳥です。

お金に変わりそうな物は、大抵洋服や雑貨が多いので、最初にそれらを、割合に高値で買ってくれる古着屋さんに持って行きます。
そこで買い取って貰えなかった服は、次に、殆ど何でも買い取ってくれる古着屋さんに全て持って行きます。
それだけで、多いときは二千円位のお金になって戻って来る事があります。
それと、本やCD、DVD等も売りに行く事があります。
本を売りに行く時は、古くて見なくなってしまった映画のパンフレットや雑誌等も買い取って貰えるので、纏めて持って行きます。
古本は一冊十円程度で買い叩かれて仕舞いますが、新品や、人気のある本等は高額で買い取って貰えるのでオススメです。
一度、某有名漫画を六十冊位いっぺんに売りに行ったら、一万円位で売れました。
また、CDやDVDも割と高額で買い取って貰える事が多いです。

こうして、お財布がピンチの時は、物を売っています。

それでもどうしてもお金が足りない時もあります。そういった時はキャッシングを利用することもあります。現金がないからってクレジットカードで買い物ばかりしていて、その支払いが来たらお金がなくて支払えないってなり・・・結果キャッシングでお金を借りるという悪循環を起こしていた時期もありましたね。。。

参考→クレジットカード支払えない時の対処法|ブラックリストに載らないために

 

貯蓄の目的と節約方法

毎月、貯蓄はできています。

結婚してすぐに専業主婦になったのですが、最初の頃は家計のやりくりに悪戦苦闘していました。支払日に現金がないってことたよくありましたね。そんなときは専業主婦がお金を借りることのできる金融(http://xn--t8j0gd0a1809a5mck0ze6ckx7beo8f.com/)でお金を借りたりしていました。
しかし現在は月々5万円を貯蓄用の口座に振り込み、4万円を投資信託に投資しています。
この先、家を買うかもしれないし、病気や怪我で収入が安定しなくなるかもしれないし、老後の資金も貯めておかないといけないと思っていました。
そして、ついに家を買うことになり、まとまったお金が必要になりました。
なるべく頭金を増やしたいのでできるだけ節約して貯蓄にまわしています。
月々5万円の貯蓄プラス生活費やお小遣いから残った資金を貯蓄しています。
夫の収入もあるので、そこまで無理をして貯蓄をしている感じはありません。
しかし、欲しいものを買ってしまったときは、ちょっと切り詰めないといけないこともあります。
家を買うことになってからは、なるべく、本当に必要なものしか買わなくなりました。
今まで、自分で決めた最低限の貯蓄額以上に貯めようとは思わず、欲しいと思ったものは割とすぐに買ってしまいました。
洋服などのファッション系によく使ってしまいました。
ファッションはすごく好きだけど、2~3年くらいしか着ないものがほとんどです。
中には1年しか着ないものもあります。
そこにたくさんのお金を費やすのもきりがないし、もったいないと思うようになりました。
本当に好きなもので質の良いものを、長く愛用できた方がいいと考えるようになりました。
それから、ファッションに費やす資金も、かける時間も節約できるようになりました。

他にも、ランチを見直すことにしました。
今まで、外食したり、コンビニで買ってきたりすることが多かったランチを、手作りのお弁当にしました。
時間のない朝に、お弁当の準備をするのは大変ですが、ヘルシーかつ低予算にすることができます。
一日数百円の節約にしかならないかもしれないけど、積み重ねると大きいと思います。

あとは、とにかく無駄遣いはしないことです。
ついつい買ってしまいそうなデザートも、ほんのたまにでいいんです。
立ち寄ったショップでかわいいものを見つけても、本当に今それが必要なのかよく考えてから購入します。
たくさん貯蓄するには、たくさん稼ぐか、それができなければ、ちょっとした節約をこつこつと続けることが大事だと思います。

 

総量規制対象外の銀行カードローン

即日キャッシングとは、本当に日付が変わる前に、キャッシングで決まった資金の入金があなたの口座に行われるのですが、審査でOKが出たからといって、即日振込までされるなんてことじゃないキャッシング会社がむしろ普通です。

利用希望者が確実に返済していけるかどうかをミスがないように審査する必要があるのです。きちんと返済する可能性が非常に高いという融資承認の時だけに、ご希望のキャッシング会社は入金してくれるわけです。

非常に有名なキャッシング会社っていうのは、大手銀行の本体だとか、大手銀行と関係の深い関連会社とか関連グループによって経営管理しているので、ホームページなどからの申込があっても問題なく受付可能で、便利なATMによる随時返済もできることになっておりますので、間違いなくイチオシです。

会社ごとで、融資の条件として指定時刻までに所定の処理が終わってないといけない、という具合にさまざまに決められています。すぐにお金が必要で即日融資が希望ならば、申込の一つの条件の時刻についても確認しておいてください。

ご存じのとおり今日では、数えきれないくらいたくさんのキャッシングローン会社が知られています。一度は見たことがあるCMをやっているキャッシングで知られている消費者金融会社ならばどんな会社かわかっているわけですし、信頼があるのですんなり、どなたでもお申込みを行うことだってできるのでは?一度検討してみてください。

新生銀行グループのノーローンのように「回数限定なしで、融資から1週間無利息」というびっくりするようなサービスでキャッシングしてくれるキャッシング会社を見かけることもあります。このようなチャンスを見逃すことなく、無利息でOKのキャッシングで借り入れてみるのも件名です。

どうしても借りるなら、金額は必要最小限にして、なるべく短い期間内で返済を完了することを忘れないでください。忘れてしまいがちですがカードローンを利用すれば借り入れすることになるので、決して返済できないなんてことがないようにじっくりと検討して使っていただくといいでしょう。

銀行による融資は、借金の総額を規制する総量規制の除外金額。ですからカードローンを利用するなら、できるだけ銀行にするほうがいいんじゃないでしょうか。これは年収の3分の1までしか希望があっても、銀行以外からは借りることはいけないという規制であり、これが注目の総量規制というわけです。

※参照:借りれる銀行

最近は頼みの綱ともいえる即日融資による融資が可能な、ありがたいキャッシング会社がいくつもできてきています。早い場合には新しいカードが手元に届くより先に、あなたの銀行口座に審査が完了した融資のお金が入るのです。なにもお店に行かなくても、誰でも簡単にネット上で出来ますのでぜひ一度確かめてみてください。

金融に関する情報サイトのサービスを、使うことによって、迅速な即日融資をしてくれる消費者金融業者のことを、家のパソコンから色々と調べてみて、どの会社で融資を受けるのかを決めるのも、問題ないのです。

利用者に人気のポイント制があるカードローンって?⇒融資を受けた実績に応じてポイントがたまるようになっていて、カードローンの利用によって発生する支払手数料の部分に、そのポイントを使ってください!なんて宣伝している会社まであるのはご存知ですか。

借入額(残額)が増大すれば、月々の返済金額も、増えます。お手軽なカードローンですが、カードローンの利用と借金はおなじだという考えで、借金は、なるべく最低限にしておくようにしてください。

インターネットを使える環境があれば、消費者金融が行う当日振込も可能な即日融資をしてもらえる、かも知れません。こんな言い方なのは、審査を受ける必要があるので、その審査にパスすることができたら、即日融資をしてもらえるということについて伝えるための言い回しです。

近頃は二つが一緒になったキャッシングローンという、ますます混乱するような言葉だって指摘されることなく使われているので、キャッシングでもOKカードローンでもOKという具合に、細かく追及しない限りは使い分ける理由が、ほとんどの場合で消失していると思います。

最も重視されている融資の審査項目は、本人の個人信用情報だと言えます。これまでにいろんなローンの返済の、遅れまたは滞納、自己破産した方については、希望通りの即日融資を実現することは不可能というわけです。

貯金できるかどうかのギリギリライン

職業柄、営業報酬がつく月とつかない月があるので、月の収入は一定ではありません。
給料が少ない月でいうと給料が約20万円ほどです。

家賃が63000円、光熱費が15000円、車のローンが20000円、通信費が18000円というような固定費の支出があります。その他には、食費、日用品費などの生活費が30000円、子供費が6000円ほどです。そして、夫のお小遣いに20000円ほど渡しています。

その他に車検など車の維持や冠婚葬祭のための積立貯蓄用に10000円の予算をとっていて、将来のための貯蓄が20000円ほどできればいいかなという状況です。

児童手当の収入がその他にありますが、そのまま子供のために貯金しています。
本当にギリギリの生活ラインです。今後は子供の教育費の支出も多くなっていくと考えるとこのままだと赤字になるかもしれません。。

そのため、私自身も近々働き始めようと考えています。私自身が働くようになれば夫のお小遣いをもう少しアップして、万が一のための積立貯蓄を多めにしていきたいと考えています。でも、基本的には私の給料はそのまま貯蓄口座に入金してしまいたいです。

今は営業報酬がでる給料が多めの月にできるだけ多く貯蓄できるように努めています。また、今後給料があがることに期待したいと思います。